FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Z77H2-A3 のマザーボードに Palit GeForce GTX1060 6GB を付けた話

同じ事に引っかかった人が助かるといいなと、
技術メモを残しておくために久しぶりにブログ更新。

タイトルまんま、Z77H2-A3 のマザーボードに Palit GeForce GTX1060 6GB を付けました。



自分のPCは中古の自作PCを譲り受けていたので色々と古いのです。
でもOculus Riftを使いたい!ということでグラボ性能が足りないから増設するよ。
環境はWindows10の64bitです。

製品情報は以下参照。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000360165/SortID=20626162/
http://kakaku.com/item/K0000922208/

今は正常に動作していますが、ちょっと苦戦しました。
書いてある記事が増えれば増えるほど検索にヒットして助かる人もいるはずなので書き残しておきます。




そもそも相性とか大丈夫なのか



まず、始める前こちらの2サイトを参考にしました。
http://dps101a216.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
http://tyawanmushi.hatenablog.com/entry/Z77H2-A3-BIOS-GTX1060

ふむふむ、どうやらこのマザーボードだと、
最新グラフィックボードの規格に対応できるかどうかという問題がある。とのこと

BIOSという、マザーボードの基本的なファームウェアが対応していないとだめ。
BIOS更新(BIOSアップデート)で対応させるか、無理ならマザボを買い替える必要があると。
しかしググっていると成功例はいくつか見かけたので実施することに。




必要なファイルをDLしてくる



早速詰まりました。

ここから以下の2ファイルをDLしてくるようにとかいてある

BIOS for Z77H2-A3 V1.X  (ドライバー)
CPUEVO (パッケージ)


http://www.ecs.com.tw/extra/windows_8_support/intel_win8_biosupgrade.html

が、ドライバの方のURLがリンク切れしている様子。ググったところ…

http://www.suitechlog.net/entry/2017/06/04/231958
公式からDLしてきたとの文字。しかしリンク切れ。。
色々さがして他ブログさんでリンクを発見し無事DL.↓
http://www.ecs.com.tw/ECSWebSite/Product/Product_DOWNLOAD.aspx?DetailID=1326&CategoryID=1&DetailName=Feature&MenuID=24&LanID=5

自分はWindows10で、選択肢になかったので選択しない状態でDLしてきました。
BIOS(2)の、「05/28/2013 」の方ですね。

CPU EVO(120829(CPUEVO).zip)
ドライバ(30528_W_63EAh.zip)

色々ブログをさまよっていたところ、
このBIOS(2)を開いたところに出てくる黒い枠に英語の文字↓

「If your BIOS ME version is lower than 8.1.X.X. Please find the CPU EVO via …」

これは、もしBIOS MEバージョンが8.1.X.Xよりも低ければ、CPUEVO (パッケージ)を先にアップしなさいよ。
だそうです。
最初に見た記事では端折ってあったのかなとも思いましたが、
時期的になかった可能性が高いですね。




BIOSのバージョンを調べる



自分のマザボでCPUEVOパッケージの適用必要なければ設定だけのはずなので、
一応調べておきます。

「CPU-Z」というアプリをDL。私はVectorから入手
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se492853.html

起動して「Mainboard」タブを見ると、中ほどにある「BIOS」エリアに情報が。
無事バージョンが足りなかったので適用が決定!
ということで実施に移ります。





無駄にやってみた



そのままグラボ取り換えて動いたらいいな~って思って、指して起動してみた。
まぁ予想通りだが、BIOS選択画面が表示されるもBIOS設定にも行けずSKIPもできず
エラーも出ない、DELを押して起動した場合は移動中みたいなの出てるけどそのまま動かず!
うーん、やるしかない!




CPUEVO (パッケージ)の適用



ME UNLOCKジャンパをショートさせつつパッケージを適用する。
(画像はないですけど、前述のブログとか、ググったら出てくるはず)

前述のブログを参照しつつやってみるも、PCが起動中に落ちた!
そして、電源ボタンを押しても反応しなくなった!ひどい!


壊したかもしれない…と思いながらも何度かチャレンジ。しかし改善せず。
そして、ME UNLOCKジャンパの位置を戻すと起動する。
ここで電池によるCMOSの初期化などをトライして一晩かけたが変わらず。

ググってみたところこちらの4!
http://kikuriri.hatenablog.jp/entry/2017/08/29/015457

ME_UNLOCK端子をを短絡させようとしてCMOS端子に刺さっていたジャンパーを抜いて、ME_UNLOCK端子へジャンパーを刺したところ、非常に動作が不安定になりました。(不意に電源が落ちたりする。BIOS画面でもWindowsを起動しても、落ちたりする)


全く同じ症状!

CMOSジャンパを抜くこと自体が非推奨でした(マザボの説明書に記載)。そこで、また別のジャンパを別途購入して、CMOSジャンパは刺したままME_UNLOCK端子へジャンパを差込み、起動したところ安定して稼動しました。


ということで、早速ちょうど稼働ストップしていたデスクトップ端末の全く別のマザボについているジャンパを取ってきて
元々の位置にもジャンパ、ME_UNLOCK端子にもジャンパがある状態で起動。

すると、無事起動しました!!わーい!!!
そして元の手順に沿ってCPUEVOを適用!

バーが89%でいったん止まるも、マザボへの適用を途中で切ったりして止めると危ないというのを
どこかで読んだのでしばし傍観。漫画読んでる間に終わってました。
終わったらパソコンがシャットダウンしました。そこでME_UNLOCKのジャンパーを外して起動。




BIOSの設定



再起動後、American Megatrends とロゴがデカデカと表示されたあと、
[F7]でBBS POPUP
[F2]or[DEL]でSETUP
その後、最後の行にCMOSの設定がおかしいよ。と表示されます。

CMOSの設定がクリアされているので、[F2]or[DEL]を押してBIOS設定画面に映ります。
十字キーで歯車アイコンの設定を選ぶ(出てない場合は適用できてない)。
他ブログで記載されている通りと合わせて以下を設定。

・言語設定を「日本語」に変更。
・日付、時刻を設定
・詳細->SATA構成->SATAモード->IDEからAHCIへ
・チップセット->ノースブリッジ->グラフィックアダプタの初期化->PCI Express

そして変更してリセットしました。
そして再起動へ。問題なく起動しました。




マザーボードのドライバを適用



Windows10の64bitなので、
30528_W_63EAh.zipにはいっているafuwin64(64bitの場合)のafuwinguiP.exeを起動。
そして手順に沿ってOpen…しようとするもOpenどころか他のボタンも表示されない!
画像と見比べた感じ、下側のボタンが見切れている様子。

そしてググりまくってTwitterへたどり着く。
グラボ変更しているときに表示されません…とのやり取りに出くわして、
そこにあるとおりに解像度を変えたりしてみましたが[Exit]しか出てこず。
下側にマウスポインタをさまよわせていると、何かポップアップが見える…

http://tyawanmushi.hatenablog.com/entry/Z77H2-A3-BIOS-GTX1060
そして既に何度か開いて見ていたこちらのブログに記載があった事を思い出して、無事押せました!

・[Open](見えないが左下に居る)でファイル直下の.CAPファイルを選択
・[Flash](見えないがOpenの隣にいる)で適用

しばらく動いている状態になったので放置。
と、完了したら勝手に再起動となり、慌てて電源を切ってグラボ取り付けて起動しました。




グラボのドライバを適用



あとは起動した後、グラボに付属されているCD-ROMからドライバを適用するだけです。
が、起動したときに横幅の狭いウィンドウが出てきてボタンの文字も幅が狭くて読めず、
それっぽいのを押しても〇が付いたり消えたりする動作しかしませんでした。
が、入れたいものを〇がついている状態にして「コンティニュー」と思われるボタンを押すでできました。
一度失敗したものの、DirectX選択してなかったからなのか2回目でインストールでき、取付が完了しました。


そういえば物凄く初歩的ミスしてたけど、
グラボとディスプレイを接続している状態でPC起動しないと認識しなかった。笑


今後困った方が参考にできると良いなと思います。

このブログ

しばらくパスワード設定にしてたけど、
最近になって記事に拍手ついてたり参照されてた事を知ったので、
一応開けておく。

また気が向いたらブログ書こうかな

VMWareへcentOS6.3をインストール

お久し技術ブログ。

Jenkinsさんを使ってAndroidアプリ開発を行いたいな~と思いました。
とりあえずjenkinsさんはGUI触っただけ、
androidアプリは開発環境いれてテンプレソースを触っただけ。
という初心者ぶり。

ひとまず、vmでjenkinsさん動かせば、壊れても戻せるし使いまわせるし
勉強にもなるし、vmにOSインストールはMacOSしかしたことなかったし!
というわけで。。。
インストールをする運びとなりました。


今回は単純にかけば以下の通り。

1.VMWare Playerを公式から最新版をダウンロードし、インストールする
2.公式からcentOS6.3のisoをダウンロードしてくる
3.centOSをVMWareへインストールする


1は問題なく終了。
2はnetinstall.isoをダウンロードしてきました。
3は果てしない旅路でした。

まず、VMWare Playerをインストールした後、
日本語名のところにインストールしてしまったことに気づき、フォルダ名を変更していました。
VMWareを起動するまわりはアドレス変更を行っていましたが…。

自動で立ち上がるVMWareのAuthなんとかサービスが起動しなくなっていました。
そのためエラーが頻発!
Authなんとかサービスが起動してないとかなんとか。。。

コンパネからサービスを確認してみると、なんと起動パスが違う。
前の、古いフォルダ名になっていました。

http://d.hatena.ne.jp/nketomok-asa/20060503
上記ページにたどりつき、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\<サービス名>のImagePathを修正。

しかし、インストールを行ってくれず、エラーばかり。
Authなんとかのエラーから、インストール時にちゃんとしたメモリスペースがなんとやら…
だそうです。

というわけで、メモリ使用の設定を1G→512MBにしました。
もともとのPCの容量がメモリ2GBなので、とても貧弱だったようです。

すると、メモリのエラーはきえました。
しかし、インストールが起動できないと!!エラーが出続けます。

いみわかんねーよちくしょう!と思いながら、ググってると、
どうやら頻発するなら再インストールしろとかいてありました。
VMWareインストーラから修復を選択して再度vmを最初の状態に戻します。

そして再起動して試すと……なんと動いてくれました!!
二重三重の罠!(1つは自分で設置した)を乗り越えた!

あとはインストールするだけ。
netinstall.isoを選択してインストール画面キタアアアア!!
しかしmedia checkから先に進めない!
そんな!くそう、英語むずかしい。やり方が謎い……
参考にしていたサイトにはそんなことは何も書いてなかtt…
(後から確認したところ、ちゃんと書いてあったが見落としていた)

もう結局6.3のDVD1.iso,DVD2.isoのファイルをダウンロードしてインストールすることに。
簡単インストールによってサクサク進む!うれしい。

以下のサイト様にお世話になりました。
http://www.e-agency.co.jp/column/20121004.html
http://freesoft.tvbok.com/freesoft/virtual/vmware_centos3.html


しかし果てしなく時間がかかった。。。
しかし、次回からはすんなり入れられるはず!(次回っていつ)
次いれるなら、やりたいことにもよるけどUbuntu入れるかな~。

symfony Cannot redeclare class で エラー

お久更新です。

未だsymfonyさんとキャッキャウフフしてます。


新しくバッチ用タスク作ったし、スキーマとか再生成しよーっと。

C:\xampp\****** >symfony propel-build-schema
PHP Fatal error: Cannot redeclare class △△Task in C:****.php on line 131

Fatal error: Cannot redeclare class △△Task in C:****.php on line 131


…なんだろうこれ^^;


schemaも、modelも、ccも、symfony -?ですらもこのエラーでストップ!


ソースを見直したら、
コピペ元と同じクラス名だったりしたもんで、
これかー!と思って修正。

そして…

C:\xampp\****** >symfony propel-build-schema
PHP Fatal error: Cannot redeclare class △△Task in C:****.php on line 131

Fatal error: Cannot redeclare class △△Task in C:****.php on line 131

(^o^)なんでー


これでぐぐったりとかいろいろ悩んだんですけどなおらなくて。
先輩からこれやったらどう?って言われてやってみたら直りました。

---
修正した△△タスクではなく、コピペ元の○○タスクをいったん削除して
スキーマ等再生成等を行い、○○タスクを復活させてもう一度再生成する。
---

被り元を無くして正しく生成させてからじゃないと、
戻せないんですねー。

きっとまたやらかすので、備忘込めたメモ。

Python Developers Festa 2011 に行ってきた

ぱいふぇすと呼ばれるPythonのフェスタへ、
友人が行くという話を聞いて興味を持ったので行ってみました。
まさか女子会用MLで紹介されて、行くことになるとはww

自分はPythonについては「初めてのPython」っていう本と、
ネット上のチュートリアル的なもので一応触ったり実行ができる。

っていうレベルでしたが、
詳しくフェスタの内容を見ていると
初級者から上級者までイロイロそろうみたいだったので
重い腰を上げるには・・!と思い参加ボタンポチリ。

正直大規模なの参加したこと無かったから不安すぎたんだけれども、
主催者の@voluntasさんとは別の機会でお話する事があったので一気に安心した。
安心する理由は色々あるけど、いろんなものを面白いからやってる。
っていう感じが凄くあったのが一番印象に残ってる。

ハンズオンも、LTも楽しかった。
内容はいろんな人が書いてるから特筆しないけど、、、

LTの内容はPython関連だけではなくて、
PHPやら概念やらまったく関係のないことまで多種にわたりました。
Pythonフェスタなのにいいのかよ!って思ってましたが、
いろんな話を聞けるから面白い。飽きない。初級者でもいい。

途中10分ほどごはん食べすぎて眠くなった個所もありましたが、
10:00の開始から19:00まで(だっけか?)、楽しく過ごせました。

遠方で参加できなくて悲しい!
って人にも、あしなが制度という誰かが援助してくれるみたいなのがあるらしいです。

早速次回のパイフェス参加者募集は上がっているので、
興味がある人はどうぞ。
ツイッターのハッシュタグは #pyfes です。

主催者さんのブログに詳細が載ってます。
http://d.hatena.ne.jp/Voluntas/20110828/1314542601
プロフィール

nkd_a

Author:nkd_a
ぽつぽつと気になった事をメモしてます。
最近はandroidとphp、あとは勉強会とかそのへんです。
ツイッターどうでもいいことしか呟いてません。

最新記事
カテゴリ
Twitter
 
リンク
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
かうんたぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。